ホーム『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』 ~生物多様性の主流化に向かう、森づくり・人づくり・木づかい~開催のご案内

『地方創生・CSV時代の「企業の森づくり」フォーラム』 ~生物多様性の主流化に向かう、森づくり・人づくり・木づかい~開催のご案内

2016.2.23

美しい森林づくり全国推進会議、(公社)国土緑化推進機構

近年、地方においては活性化のための総合戦略がたてられるとともに、企業においても事業活動を通じて社会的課題の解決に取り組むCSV経営が指向されています。また、環境問題への高まりを受けて「ISO140001」の規定が改訂されるなどの動きが見られます。

こうした中で、「新国立競技場」が“木と緑のスタジアム”として建設されることとなるなど、林業・林産業の振興や地方創生、地球温暖化、環境問題への対応につながる、“森づくり”や“木づかい”が活性化していくことが期待され、そこで果たすべき企業の森づくりへの期待は大きなものがあります。

そこで、地方創生・CSV時代を踏まえた、人づくりや木づかいと一体となった新たな「企業の森づくり」のあり方を議論するために本フォーラムを開催するものです。

なお、本フォーラムの開催前には、「グリーンウェイブ・キックオフフォーラム」も開催されますので、併せてご参加ください。

◆開催概要

【日 時】平成28年3月1日(火) 15:00~17:30
【会 場】国連大学「ウ・タント国際会議場」
(〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70)
【交 通】東京メトロ各線「表参道」駅 B2出口より、徒歩約5分
JR・私鉄・東京メトロ各線「渋谷」駅より、徒歩約10分

【内 容・スケジュール】

○基調報告
(1)地方創生・CSV時代の新たな森づくり・木づかい
赤池 学 (CSV推進機構 理事長、ユニバーサルデザイン総合研究所 所長)
(2)ISO14001:2015における生物多様性の考え方と企業の対応
中井 邦治 (経団連自然保護協議会 事務局次長)
(3)グローバル人材育成に向かう教育政策と森林ESD
山下 宏文 (京都教育大学 教授、森林ESD研究会 座長)

○事例報告
(1)地方創生時代の企業協働の森づくり
~学校での木づかいと森のようちえん~(美濃加茂市)
(2)中間支援組織がつなぐ、企業支援による学校の森づくり・木づかい
(もりふれ倶楽部)

○パネルディスカッション
「地方創生・CSV時代の企業の森づくり・人づくり・木づかい」
[進行] 宮林 茂幸 美しい森林づくり全国推進会議 事務局長

【主 催】美しい森林づくり全国推進会議、(公社)国土緑化推進機構
【共 催】経団連自然保護協議会
【定 員】300名
【参加費】無料

【参 考】『「グリーンウェイブ2016」キックオフ・フォーラム』(13:15~14:45)

○概要報告
『「グリーンウェイブ2016」及び 「国連生物多様性の10年」を巡る最近の話題』
(環境省 自然環境局 生物多様性施策推進室)

○事例紹介
(1)行政事例:石川県
(県内施設や学校・団体等と連携した「いしかわグリーンウェイブ」)
(2)企業事例:積水化成品工業
(積水化成品グループで行う「グリーンウェイブ」)
(3)NPO事例:子どもの森づくり推進ネットワーク
(メディア等への訴求力を高めるグリーンウェイブ)

○パネルディスカッション
「COP13に向けて、世界とつながる、世界に広めるグリーンウェイブ」
ナビゲーター:川廷 昌弘(「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会)

── ◎来場者には「企業の森づくり」「ESD」に関する冊子をプレゼント◎──
※ご来場いただいた方には、以下の冊子を無料でプレゼントいたします。
「企業の森づくり事例集~発展的事例編~」
「企業・NPOと地域・学校等をつなぐ森林ESDガイドブック」
(森林ESD研究会 報告書)
─────────────────────────────────────

◆お申込み等
下記URLの申込フォームからお申込み下さい。
http://mori-zukuri.jp/kigyou-morizukuri-forum2016

◆お問い合わせ
国土緑化推進機構 政策企画部
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館
Tel:03-3262-8437 Fax:03-3264-3974
http://www.green.or.jp/

1人ひとりのチカラをあわせて、森を支える大きなチカラに!
『フォレスト・サポーターズ』登録メンバー募集中!!
http://www.mori-zukuri.jp/

ページトップ