ホーム「体験の機会の場」を活用した環境教育研修のご案内

「体験の機会の場」を活用した環境教育研修のご案内

2018.11.27

公益社団法人日本環境教育フォーラム

 公益社団法人日本環境教育フォーラムは、「平成30年度教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修」(主催:環境省、協力:文部科学省)の運営事務局となり、12月13日(木)、2月22日(金)に株式会社オガワエコノス(広島県府中市)、1月18日(金)に石坂産業株式会社(埼玉県入間郡三芳町)で研修を開催します。
 本研修は、持続可能な社会の構築を目指し地域で環境教育・学習を推進する人材を育成することが目的です(https://www.env.go.jp/press/105744.html)。同研修の「プログラム・デザイン・コース」の一環として、体験の機会の場(※)を活用した研修を行います。オガワエコノスでは、『資源循環に取組む企業の環境教育~工場のプログラム実践』、石坂産業では、『体験学習とプログラムデザイン~企業が取組む里山の環境教育を事例に~』をテーマに、社員が講師となって、参加者が体験活動に取組み、環境教育で重要な大人や子どもの意識変容を促すポイントを学ぶ研修を行います。

※「体験の機会の場」:環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律に基づく制度で、民間の土地・ 建物の所有者等がその土地・建物を自然体験活動などの体験活動の場として提供する場合に、申請に基づき 都道得府県知事等の認定を受けることのできる制度。
【対 象】NGO/NPO及び行政や民間企業の職員や教職員、環境教育に関心がある大学生等
【参加費】無料
【詳細、申込フォーム】http://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/program_design/

ページトップ