ホーム環境セミナー現地見学会(千葉県白井市・印西市)

環境セミナー現地見学会(千葉県白井市・印西市)

2022.11.4

経団連自然保護協議会

9月10日、国立環境研究所気候変動適応センターの西廣淳室長に講師をお願いしているオンライン環境セミナーのオプション行事として、千葉県の白井市・印西市の境界にある谷津地形における自然保護活動の現地見学会を行いました。谷津地形は、水質浄化・水害リスク軽減・生物多様性保全・復田ポテンシャル維持等の機能が高く、この地域ではこの機能を有効に活用しており、グリーンインフラの好事例となっています。現地見学会には、セミナー参加者12名に加え、西廣研究室の方々が参加し、現地見学とともに、白井市役所・印西市役所や、現地の保全活動を行っているNPO法人「谷田武西の原っぱと森の会」の関係者と、自然共生社会の実現に向けた意見交換を行いました。

谷津の湿地帯(写真左)、谷田武西の草原でセミナー参加者集合(写真中央)、勉強会の様子(写真右)

ページトップ