ホームわが社の自然保護・生物多様性保全活動(日本たばこ産業株式会社)

わが社の自然保護・生物多様性保全活動(日本たばこ産業株式会社)

2016.2.22

日本たばこ産業株式会社(会員企業)

JTグループでは事業活動を行うすべての国や地域において、社会と共生する「良き企業市民」であることを目指し、各地域のニーズに応じて社会貢献活動を実施しています。


JTの森

JTグループは「たばこ」、「医薬」、「加工食品」を中心に事業活動を展開しており、葉たばこや紙、野菜などの自然由来の原材料を使用している。事業を支えてくれる自然に感謝し今後も自然環境を大切にしていきたいという想いから、自然環境保全の一環として森林保全活動を全国8か所取り組んでいる。
今春もJT グループ従業員や家族、地域の方々が参加するボランティアイベントを積丹(北海道、鶴岡(山形県、小菅(山梨県、中津川(岐阜県、中辺路(和歌山県、智頭(鳥取県、ゆのまえ(熊本県の全7か所で開催し、植栽や下草刈り、間伐、作業道整備などの森づくりに必要な手入れに汗を流した。


東日本大震災復興支援 「Rock Corps」特別協賛 ~ボランティアをもっと身近に~

「Rock Corps」は、「4 時間以上のボランティア活動をすると、アーティストの音楽イベントに参加できる」というシンプルな仕組みで、これまでに世界10ヵ国で16万人以上が参加、合計60 万時間以上のボランティア活動が地域社会に還元されたプログラムである。「Rock Corps supported by JT2015」では、アジア初の開催となった2014年に引き続き、“ 東北復興” をメインテーマに、被災地域の復興支援につながるボランティアプログラムへの参加を広く呼びかけている。
ボランティアプログラムとして、「相馬沿岸のゴミ拾いやガレキ撤去などの海岸掃除」、「牡鹿半島の豊かな植物を守る「女川山野草園」の開墾ボランティア」、「写真洗浄ボランティア」などがある。
JTは、「Rock Corps」特別協賛を通じ、東日本大震災の復興に取り組まれている皆様を応援することで、地域が活性化し復興の一助となること、そして、実際のボランティアに参加される方々、メディアを通じてこの新たな取り組みを知った方々の復興の輪が広がり、ひいては社会貢献活動が人々のライフスタイルの一部となっていくことを期待している。

(寄稿:CSR 推進部/寺田国博氏)


KNCFNEWS 70号より転載しました。(事務局) 

ページトップ