ホームわが社の自然保護・生物多様性保全活動(株式会社東芝) 「希少植物「ハマカンゾウ」返還式」

わが社の自然保護・生物多様性保全活動(株式会社東芝) 「希少植物「ハマカンゾウ」返還式」

2016.3.18

株式会社東芝(会員企業)

「希少植物「ハマカンゾウ」返還式」  
盗掘被害が続く植物を安全な事業所敷地に移植して2年-
人工繁殖に成功し、株数を3倍にして元の生息地に返還しました。

横須賀市の東芝ライテックでは、三浦半島小網代の谷で盗掘被害に遭っているユリ科のハマカンゾウ28株を、2012年5月に受け入れました。
2年後の2014年5月には約100株にまで増やすことに成功し、小網代の谷で返還式を行いました。
2014年7月には無事に開花し野生回復を確認、翌年の2015年7月には約300株にまで増えています。

東芝ライテックから返還したハマカンゾウが育っているのは小網代の谷の「えのきテラス」。
私たちのお世話の経験から、ハマカンゾウの見頃は7月~9月になります。
毎年、綺麗なオレンジの花を咲かせますので小網代現地でご覧ください。

東芝グループでは、企業の事業所敷地だからこそできる生物多様性保全活動として、世界中の事業所で100種類を超える希少な動植物を保護しています。

(下の画面をクリックして下さい、リンク先ページで動画を見られます。:企業や団体のPC環境の制約によってはうまく動画を見れない場合があります。)

ページトップ