ホーム経団連自然保護協議会概要

経団連自然保護協議会 ttl

COMMITTEE経団連自然保護協議会

SUB MENU

SUB MENU

経団連自然保護協議会

概要

経団連自然保護協議会は、リオの地球サミット(環境と開発に関する国連会議)が開催された1992年に、「経団連地球環境憲章」の考えを自然保護分野で実践する組織として、経団連により、経団連自然保護基金(以下、基金)とともに設立されました。以来、基金を通じたNGOの自然保護プロジェクトへの支援やNGOとの交流、企業への啓発・情報提供・情報発信、生物多様性の国際目標・国内政策等への提言をはじめとする様々な活動を展開しています。

協議会と基金の活動~3つの柱

  • 経団連自然保護基金を通じたプロジェクト支援、NGOとの交流
  • 企業への啓発・情報提供・情報発信
  • ポスト2020生物多様性枠組や国内政策への意見反映(政策提言)

 


会員

経団連会員企業の中から構成 会員リスト

 


略史

1992年 経団連自然保護基金運営協議会設立
1993年 基金によるNGO支援活動開始
2000年 経団連自然保護基金は公益信託の認可を受けて、公益信託経団連自然保護基金となり、経団連自然保護基金運営協議会は経団連自然保護協議会に改組
2009年 「経団連生物多様性宣言」「行動指針」策定
2017年 経団連自然保護基金と経団連自然保護協議会は設立25周年を迎え、「25周年記念特別基金助成事業」を実施。(2017~2019年度)
2018年 「経団連生物多様性宣言」「行動指針」改定

アクセス/連絡先

公益信託委託者
経団連自然保護協議会事務局

印刷用の地図はこちら

〒100-8188
東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館
電話: 03-6741-0981 FAX: 03-6741-0982
メールアドレス: kncf@keidanren.or.jp

ページトップ